テキストリンク
テキストリンク
powerd by 楽市360

ウエデイング ドレス着こなし方

ウエデイング ドレスのサイズが大きい場合の着こなし

ウエデイング ドレスのサイズが大きい場合、美しく着こなすにはどうしたらよいでしょうか?

ウエデイング ドレスのサイズが大きい場合は、カッティングが重要なポイントになります。カッティングの善し悪しは実際にジャストサイズのドレスを着てみないと分かりません。カッティングによって、ウエデイング ドレスを着たときのシルエットが全然違い、カッティングがよくないドレスだと、普段のシルエットよりも太って見えてしまいます。

ジャストサイズ=調度良いサイズのウエデイング ドレスというのは、実際にドレスを着た時、ウエストの位置がぴたりと合って、全体的に程よくゆとりがあるものをいいます。また、大きなドレスに限らないのですが、ウエデイング ドレスは11号や13号というサイズがあるだけで、身長別には用意されていないのが一般的です。

完全にオーダーメイドだとその人にピッタリのドレスになりますが、レンタルなどでは、身長の低めの方はウエスト位置が低くなりすぎて胴長に見えてしまったり、身長の高い方だとウエスト位置が高くなってしまい、太って見えたりということがあります。

こんな場合、どのようなドレスを選べばよいかというと、身長が低めでぽっちゃり体型の方には、上部に重点があるAラインのウエデイング ドレスや、ウエスト部に切り替えの無いタイプのウエデイング ドレスを選ぶと美しく着ることができます。また、肩がすっきりと出ているオフショルダー型のウエデイング ドレスや、スクエアネックの首を長く見せるデザインのウエデイング ドレスを選ぶと美しく着ることができます。

身長が高めでぽっちゃり体型の方は、全体的にすっきりとしたデザインのウエデイング ドレスで、前スカートは広すぎないもの、後ろにトレーンを長くひく形のものを選ぶと良いと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。